アクセスマップ

〒801-0825
福岡県北九州市門司区黒川西1-4-7

スタッフブログ
動物健保対応病院
獣医師募集

医療コーナー2

ワンちゃん・ネコちゃんのシニア期に起こる身体の変化について

ワンちゃん・ネコちゃんは7歳くらいからシニア期(高齢期)に入ります。
見た目には若いときとあまり変わりがなく元気に見えても、歳をとるとワンちゃん・ネコちゃんの身体には様々な変化が起こります。 

例えば回復力が低下して傷の治りが遅くなったり、疲れやすくなったり、免疫力が低下することで細菌やウイルスに感染しやすくなったり、腫瘍ができやすくなったり…。 環境の変化に適応する力も落ちてくるので、食欲や感情が不安定になることもあります。 筋肉量や関節機能が低下してくると、運動能力や体力が衰えてきますし、基礎代謝量の低下によって肥満になりやすくなります。聴力・嗅覚・視力の低下などは飼い主さんが気付きやすい変化かもしれません。年齢だけではなく、日頃の行動から身体の変化を見つけるように心がけましょう。変化の内容によっては老齢性疾患のサインである場合もあります。

老齢性疾患のサイン可能性のある疾患
目が白く濁ってきた白内障
歩き方がぎこちない関節の病気
散歩に行くとすぐ疲れて息があがる、咳をする心臓病
水をたくさん飲む、尿の量も増えた腎臓病、糖尿病、副腎の病気など
夜鳴きなど、混乱するような行動が増えたテキスト認知症

老齢性疾患は早期に発見し、効果的な治療を行うことにより進行を遅らせることが期待できます。そのためにも定期的な健康診断をおすすめします。

ワンちゃん・ネコちゃんが長生きするための7ヵ条

その1 ワクチン接種・フィラリア予防

基本中の基本です!防げる病気は防ぎましょう。

その2 避妊・去勢手術

子供を産ませないなら手術を。いろいろな病気のリスクを減らせます。

その3 太らせない

肥満は万病のもとです。

その4 正しい食生活

医食同源。体は食べた物からできています。

その5 歯石を溜めない

ペットも歯が命です!小型犬の場合、心臓病のリスクも減らせます。

その6 ストレスを少なく

正しいコミュニケーションやしつけは、余分なストレスを減らします。

その7 定期的な健康診断

9歳までは年に1回、10歳を過ぎたら年に2回の健診をおすすめしています。

心臓病について

心臓は生命の維持に必要な血液を全身に送り出す重要な臓器です。血液の循環は一方通行です。

1.先天性心臓病

生まれたときにすでに解剖学的な異常を持っている心臓を指します。動脈管開存症、心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、肺動脈狭窄症、大動脈狭窄症が一般的です。内科的に維持しますが、重症になれば、外科的処置になります。手術は非常に高度な技術を要するので国内の施設は数ヶ所しか実施できるところはありません。

2.フィラリア症

心臓内に寄生する寄生虫によって様々な症状が出る非常に恐い病気です。蚊が媒介することで感染します。放置すれば、心臓はもちろん肝臓、腎臓にも障害を引き起こし、死に至る場合もあります。
予防は、蚊の発生がある5月上旬~11月下旬まで毎月1回予防薬を飲ませることです。薬のタイプはいろいろありますが、確実に投与しましょう。

3.弁膜症

心臓内にある4つの弁(三尖弁、肺動脈弁、僧帽弁、大動脈弁)が何らかの原因で閉まらなくなったり、狭くなったりする病気です。犬の場合、僧帽弁の閉鎖不全が多くみられます。

僧帽弁閉鎖不全症

完全に弁が閉鎖できず、心臓が収縮する際、全身へ拍出されるべき血液の一部が弁の隙間から左心房へ逆流する状態をいいます。軽度の場合は、心雑音が聞こえるだけですが、進行すると肺のうっ血や肺水腫により、咳が出たり呼吸困難になったりします。こうなると非常に危険な状態で放置すると死亡します。早期に治療を開始することにより、症状を改善しますし、延命することも可能です。

4.心筋症

心筋の厚さや働きの状態によって、大きく4つに分けられます。

肥大型心筋症

心筋がどんどん厚くなり、内腔が狭くなっていきます。

拘束型心筋症

心臓の内側(内膜)が堅くなり、うまく広がらなくなり、働きが低下します。

拡張型心筋症

心筋の厚さが薄くなり、心臓の収縮力が低下し内腔が大きくなってしまいます。

不整脈源性右室心筋症

不整脈を主体とし、右心不全や突然死を引き起こします。

こんな様子が出たら要注意!

  • 呼吸が早くなったり、呼吸が苦しそう、舌の色が紫色になっている。
  • のどに詰まったようなしぐさの咳をする。
  • 散歩中に立ち止まって、あまり歩きたがらない。
  • 食欲が低下し、痩せてきた。
  • お腹周りが膨らんできた。
  • 歩いているとき、突然ふらついて倒れたことがある。

少しでも上記のような症状がみられたら、ご相談ください。心臓病は進行性の病気ですから、早期に発見、治療を開始することが重要です。

腎臓病について

腎臓は一対の臓器で、特に大切なのは体の血液を濾過して尿をつくることです。この尿によって体にとって不必要な老廃物が排出され、体の中に毒素がたまらないようにしています。他にも、水分の調節、電解質のバランス調節、造血ホルモンの分泌、血圧の調節等、生きていく上でとても重要な働きをしています。腎不全には急性腎不全と慢性腎不全があります。

急性腎不全

腎臓の働きが急激に、短期間で低下した状態です。早急に原因をみつけ、積極的な治療を行えば、腎機能の回復を望める場合もありますが、進行が早く、死亡する場合もあります。回復しても慢性腎不全に移行する場合もすくなくありません。

慢性腎不全

病気が慢性的に進行することによって長い時間をかけて機能が低下し、「腎臓の働き」が徐々に失われていきます。
最もよく見られる症状は

  1. 水をたくさん飲む。
  2. 尿の回数が増える。
  3. 吐くことがよくある。
  4. 最近食欲がなく、痩せてきた。
  5. 口が臭い

等です。

慢性腎不全は残念ながら完全に治ることはありません。しかし、治療を開始することで腎機能が悪化していく速度を抑えることができます。残っている正常な腎臓の組織にできるだけ負担をかけないようにすることです。

治療法

  • 食事療法
  • 血圧を下げる降圧剤
  • 造血ホルモンの投与 等です。

  • 毒素を便とともに排出する吸着剤
  • 輸液療法

早期発見・早期治療が重要です。