アクセスマップ

〒801-0825
福岡県北九州市門司区黒川西1-4-7

スタッフブログ
動物健保対応病院
獣医師募集

去勢・避妊手術

去勢・避妊手術について


男の子の場合

女の子の場合

手術方法

全身麻酔をかけて、陰嚢近くの皮膚を切開し、左右の

精巣を摘出します。日帰り手術で、抜糸はありません。

全身麻酔をかけて開腹し、左右の卵巣と子宮を摘出します。

1日入院となります。抜糸はありません。

メリット

・望まない交尾を避けることができる。

・前立腺の病気、精巣や肛門周囲の腫瘍などの予防になる。

・メスを追い求める発情のストレスから解放される。

・攻撃的な性格や支配性が緩和され温和になる(例外あり)。

・スプレーしなくなる(例外あり)。

・望まない妊娠を避けることができる。

・子宮の病気や乳がんの予防になる。

・生理や発情期のストレスがなくなる。


デメリット

・繁殖させたくても不可能。

・太りやすくなる。

  ⇒程度な運動と適切な食事管理で予防可能。

・精神的に幼さが残る場合がある。

・ホルモン欠乏症による皮膚病が起こることがある。

  ⇒発生率は低い、治療可能。

・繁殖させたくても不可能。

・太りやすくなる。

  ⇒程度な運動と適切な食事管理で予防可能。

・精神的に幼さが残る場合がある。

・ホルモン欠乏症による皮膚病が起こることがある。

  ⇒発生率は低い、治療可能。

当院では、オス・メスともに生後6ヵ月から去勢・避妊手術を行っています。 (予約制)

(必要に応じて、少し手術時期を早めることは可能です)

去勢・避妊手術は何歳でもできますが、初めての発情期前・性成熟前(生後6ヵ月ぐらい)が理想的です。

発情期や体調不良のときは、去勢・避妊手術は避けましょう。